重要な準備確認作業

弁護士の無料相談サービスに関し、一部の相談者の方々が抱いてしまう初歩的な誤解として、無料で問題解決して貰える、力添えを仰げるとの「思い込み」が挙げられます。読んで字の如くあくまで「相談」であり、限られた時間の中、前半は相談者の現状を傾聴から状況を正しく推察把握から、その時点で対応すべきポイントや具体的な手法の選択肢など、あくまでヒントを与えてくれるところまでが「無料相談」です。正式に仕事として依頼するとなれば、所定の料金体系や規約などを十分確認から理解合意の上での正式契約の締結が当然必要です。無料相談の後半にはこうした弁護士事務所としてのシステムの説明も当然届けられますが、これは強引な勧誘行為とは異なりますので、誤解から誤った解釈に及んではなりません。

また無料相談に臨むに際し、何の準備も無く口頭で感情的に窮状を訴えるばかりでは、相談では無く単なる愚痴タイムに終始してしまい、弁護士との面談のメリットが見当たらなくなってしまいます。債権回収問題であれば現状を正確に伝えられる資料の準備と、限られた時間内で簡潔に口頭で補足説明するシミュレーションなど、相談者側が十分な事前準備を徹底する事で、時に無料相談が地力解決の糸口となるケースも少なくありません。

Pocket