債権回収に生じる費用

債権回収を始めとする弁護士に解決を依頼する案件に関しては、各々弁護士事務所が設定する規定の料金体系に沿って、諸費用の発生します。時に回収すべき金額に対し、発生が確定あるいは想定される総額の比率が高くなってしまい、更には弁護士が全力で解決に臨んでくれたにせよ、100%満額の債権回収が叶う保証はありません。さまざまな角度からのシミュレーションの結果、弁護士に依頼する選択自体にリスクが避けられぬ場合も少なくありません。

また日常弁護士という存在と、特に接点を持たぬ私達の多くが、弁護士に何らかの打診を届けた時点で、その行為に対する費用が発生するイメージを抱いています。確かに弁護士への相談に対しては、時間当たりの相談料が発生するのが基本であり、その他正式に解決を依頼するに際しての着手金、更には弁護士が一時的に立て替える実費なども、依頼者が随時精算するシステムが一般的です。こうした展開を想定すれば、債権回収の必要に迫られている事実は把握しているも、正確に自身が置かれた立場や、その後推察される展開などが見極められていない段階で、最初から弁護士に解決を依頼する選択には、リスクが避けられずして当然です。

ここではより確実な債権回収と、負担すべき弁護士費用の抑制を図るべく、今日園国各地の多くの弁護士事務所が実施している無料相談サービスの活用を視野に入れ、無料相談に臨むに際して必要な準備と注意すべきポイントなどをご紹介申し上げます。多くの方々が誤って捉えておられる先入観など、わかりやすく具体的な説明をお届けしますので、最後までご一読からの確認作業をお薦めします。

Pocket